【クルマ選び】クルマの種類とその代表車種は?SUV・ステーションワゴン 編

クルマの種類とその代表車種を紹介!パート2
メリット・デメリット、人気車種など
最新情報(2018年8月現在)とともにお伝えします!

SUV

Sports Utillity Vehicle
(スポーツ用多目的車)の略

コンパクト
ミドルサイズ
フルサイズ

サイズによって分類されます。
ここ10年ほどは、世界的に人気がでてきて
高級車ブランドもどんどん参入してきている
カテゴリーになります。
最近ではプレミアムコンパクトSUVの
ラインナップも増えてきています。

◯コンパクトSUVの代表車種
TOYOTA  C-HR
HONDA  ヴェゼル
日産  ジューク

◯ミドルサイズSUVの代表車種
日産  エクストレイル
TOYOTA  ハリアー
MAZDA  CX-5

◯フルサイズSUVの代表車種
MAZDA  CX-8
TOYOTA  ランドクルーザープラド
LEXUS  LX

このカテゴリーは本当に多種多様で
本格的な悪路走破性を備えたクルマ
軍用車から派生したモデル
都会向け・オンロード向けに開発されたクルマ
セダンやコンパクトカーの車高を高くして
SUVのラインナップにしているクルマ
など定義や呼び方はメーカーによって
異なることもあります。

メリット
・車高が高く、アイポイントも高いため運転しやすい
・多少の悪路も気にせず突き進める
・荷物もたくさん積める

デメリット
・車体が重くなりやすく燃費が悪い傾向
・助手席側の下のほうや斜め前など死角が多い
・タイヤサイズが大きいため費用がかかる

私の本当に勝手な意見ですが、女性のウケがいい
クルマと思っています。大きくて男らしい!とか
デザインがイケているとか。逆に大きいSUVを
乗りこなす女性はなんかかっこいいなと、思います。
超高級車ブランドも参入してきていると
いうこともあって、世界的ブームということを
感じる車種です。

2018年1月〜8月に売れた国産車のランキングには
12位にC-HR 、14位にヴェゼル、
15位にエクストレイル、19位にハリアー
22位にCX-5がランクインしています。

確かにC-HR本当よく見かけますね。

ステーションワゴン

セダンとミニバンの中間で、荷物をたくさん
積めるクルマです。
1980年台から2010年くらいまでは
各メーカーもラインナップしていました。
だいぶ減ったものの、残っている車種には
人気の高いモデルもあります。

◯ステーションワゴンの代表車種
TOYOTA  カローラフィールダー
TOYATA  プリウスα
HONDA  シャトル
SUBARU  レヴォーグ
SUBARU  レガシィアウトバック
MATUDA  アデンザワゴン

今現在日産・三菱はラインナップに
このジャンルがありません。
90年台とかは本当に人気があり、
サーファーをはじめとして若者に
絶大な人気のあったマークⅡワゴン
とかレガシィツーリングワゴンとかが
たくさん走っていました。
私もはじめて所有したクルマが
グロリアワゴンで、その後USアコード
ワゴンを2台続けて乗りました。
(懐かしい)

メリット
・セダンと同じ目線で運転に違和感がない
・荷物がたくさん積める
・走行性能がよい

デメリット
・セダンと比較をすると静粛性が劣る
・デザインの好みが分かれる
・選択肢が少なくなった

ステージアやクラウンエステート
レガシィツーリングワゴンやアコードワゴン
あんなにたくさん走っていたのに。。
あの頃ステーションワゴンに乗っていた人たちは
今いったい何に乗っているのだろう?ミニバン?SUV?
私はSUVに乗っていますが・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする